定番のボーイフレンドデニム最新!冬のコーデ2015!

今年流行のデニム

そろそろ衣も替わって冬のデニムコーデをお考えの時期ではないでしょうか。

 

そんな皆さんに、今回お届けするのがボーイフレンドデニムです。

 

聞き慣れない方もいるのではないでしょうか?

ボーイフレンドデニムと聞いて、

どんなものか気になっている人もいますよね。

 

今回はそんなレディース必見。

ボーイフレンドデニムのオススメコーデ情報をお届けしていきますね!

SPONSRED LINK

ボーイフレンドデニム とは

ボーイフレンドデニムっていったいどいうものなのか。

 

もちろん、デニムのパンツの事なのですが、

なかでも男の子(ボーイフレンド)が穿くような、少し大きめのシルエットのデニムのことを言います。ストレートラインのゆったりとしたデニムの事ですね。

 

こうしたボーイフレンドデニムはその特徴から、カジュアルなコーデと相性が抜群です!

 

では、そんなボーイフレンドデニムに似合うコーデを、

あらためてチェックしてみましょう!

 

ブーツのコーデ

パンツに合わせるものとして、やっぱり足回りが気になりますよね。

そこでまずはブートとのコーデをチェック

 

ボーイフレンドデニムに合わせてブーツを選ぶならどんなものがいいかと言うと、

 

オススメの組み合わせは、

ショートブーツでオシャレに着こなすことです!

 デニム1

(引用元:http://mery.jp/11110

 

全体のシルエットをすらりと見せてくれるレザージャケットに合わせればスタイリッシュなクールレディに大変身。ヒールを合わせてみるのもいいですよね。

 デニム2

(引用元:http://mery.jp/11110

 

続けて、冬の定番アイテムでもあるトレンチコートと色を合わせれば、全体の雰囲気を作りながらシンプルなコーデが出来上がります。フォーマルなアイテムとデニムを組み合わせての脱力感がいいですよね。

 

ブーツの相方として紹介していますが、トレンチコートでもヒールを合わせるのもオススメです。大人っぽく魅力的に見えますよ♪

 デニム3

(引用元:http://mery.jp/11110

 

 スニーカーのコーデ

カジュアルスタイルの似合うボーイフレンドデニムとスニーカーの相性は言わずもがな。

また、スニーカーを履く時はロールアップして足をチラ見せしておくのもポイントです!

デニム4

(引用元:http://matome.naver.jp

 デニム5

(引用元:http://matome.naver.jp

 

もちろん、ストレートに穿いても大丈夫

なんといってもどんな合わせでも大人っぽくキュートに見せてくれる強みを、最大限に生かしていきたいですよね。

デニム6

(引用元:http://matome.naver.jp

 

それと、いまトレンドのスリッポンと合わせても、女性らしいゆるっとしながらもシンプルなオシャレに繋がって、イイですよね。今年の冬はぜひ、試したいコーデのひとつです!

 デニム7

(引用元:http://matome.naver.jp

デニム8

(引用元:http://matome.naver.jp

 

冬のオススメコーデ

春夏とすっかり人気となっていたボーイフレンドデニム

ちょっとそのコーデを動画でおさらいしつつ、

ボーイフレンドデニム コーデ 春

では改めまして冬のオススメとして、どんな着こなしをすれば大人っぽく見えるか、それともカジュアルな着こなしができるのかチェック!

 

大人っぽいコーデを目指すのであれば、

全体をシンプルにまとめるとベストです。

カジュアルな印象の強いデニムも、組み合わせを少し変えるだけですごくスタイシッリュで大人らしい印象のコーデに早変わりです!

 デニム9

(引用元:http://ファッションコーデ.com

 

そしてカジュアルに着こなすのであれば、やっぱりスニーカーとの組み合わせがオススメ。

どんな靴とも合わせる事の出来るボーイフレンドデニムですが、中性的になり過ぎないでオシャレに見せてくれるスニーカーと合わせて、冬をオシャレに決めてみましょう!

 デニム10

(引用元:http://ファッションコーデ.com

 

今回のまとめ

カジュアルにまたオシャレなアイテムとして大人気のボーイフレンドデニム。

ちなみに、今年のデニムのトレンドでもあるのですが、ダメージを与えた状態で穿くのがすごく流行っていますよね。もちろん、ボーイフレンドデニムの着こなしとしても当然オススメですので、ぜひいろんなコーデを試してみてくださいね。

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ