海外メンズファッション秋冬編!服着こなし術紹介

皆さん、海外への旅行って、したことありますか?

 

国内だけではわからない、現地に行ってみると驚く文化の違い。

建物の構造と言いますか、お手洗いやお風呂の仕組みだったり、

よく言われるのがやっぱり食文化。

街を歩いてみても、当然ながら植物街並み人の歩き方まで全部、大きな違いがあります。

 

もちろん、

ファッションコーデだって違ってきますよね。

 

そこで今回は海外のメンズファッション

その着こなし術をご紹介していきましょう!

SPONSRED LINK

海外のメンズファッションの特徴

文化も違えば特徴も違う海外ファッション。

実は、日本でも知らず知らず流行の元になっているものばかりですが、そちらを簡単にまとめますと、

 

『アメカジファッション』

アメリカンカジュアルの略で、例えばデニムを使ったコーデが特徴のひとつですね。アメリカの大学生らのスタイルがベースで、日本でも大きな影響を与えているスタイルです。

海外1

(引用元:http://kurumani.com

 

『ヨーロピアンファッション』

こちらの特徴はキレイめで大人びているところ。コーデもシンプルなものが多く、派手さはありませんがストールを巻いたり足元にローファーを持ってきたり、ちょっとアクセントが着く事も。

海外2

(引用元:http://otonaninareru.net

 

『アジアンファッション』

こちらはインドやタイをなどアジア圏のもので、動物や自然をモチーフとしたエストニックなファッションが特徴です。個性的な色も強く、人とは違うファッションを楽しみたい方にはオススメですよ。

海外3

(引用元:http://blog.livedoor.jp

 

ちなみに、海外と特徴を良く知るための味付けとして、

日本のファッションもちょこっと触れますと、

 

基本、日本は宗教でもわかるように多種多様なファッションがごった煮良くも悪くもなんでもありだったりします。海外の方から見ても「自由さがある」枠にとらわれないスタイルがまさに日本の特徴。

 

その背景にはもちろん宗教的な思想の違いもそう、文化交流の幅、あと、海外には洋服と社会階級が結びついている文化が多いのですが、日本にはそういう風習も考えもありませんよね。それだけ、こちらのファッションは自由があります。

 

逆算的に、海外ファッションはそれぞれの宗教や社会階級が強く反映されているのが、特徴にも繋がるわけです。

 

メンズファッション秋冬

では、日本は日本らしく、その自由な枠取りでコーデを決める為にも、

海外の秋冬ファッションを見て、今年の参考にしてみちゃいましょう!

ということでこちらをご覧ください。

海外4 海外5 海外6 海外7 海外8 海外9 海外10

いかがでしたか?

簡単にですが、私的に気になるコーデをチョイスしてみました。(画像はこちらより)

他にもこういった動画から、

「ミスター・ジェントルマン(MR.GENTLEMAN)」2014-15年秋冬コレクション

そのいい所を見てチェックしていただけたらと思います。

 

さて、こちらをご覧いただいた所で早速、

次の項目へ行ってみましょう!

SPONSORED LINK

日本でもできる着こなし方法

というわけで、

日本でもできる着こなしポイントを注目。

 

例えば、先ほど見て頂いたものでやはり注目したいのがインナーの使い方。

シンプルなコーデにちょっと派手目のインナーでアクセントをつけたり、チラリと見せてのオシャレ感がいいですよね。注目しておきたい着こなし方です。

 

他にも少し目を見張ったのがカーキと黄色のアイテムの使い方。二つを合わせたシンプルで大人しいのに他とは違って目を惹いたコーデの仕方。なるほど、トレンドアイテムを着こなす参考にしたいですよね。

 

まだまだ紹介しようと思えばキリはないですが、

そっと、海外のファッションコーデの一部として、参考になればと思います。

 

今回のまとめ

海外のファッションって、基本的に日本から海外へ向ける憧れのような補正もあり、かっこよく見える物が多いですけど、たまに奇抜なものもあったりして面白いですよね。

それとは逆に、海外から見たら、日本は日本で自由度が高く、羨ましくも同じく憧れとも取れるそうですが、そうやってお互いがお互いの良い所を取り入れて、もっともっと、楽しくオシャレができるといいですね。

SPONSORED LINK

One Response to “海外メンズファッション秋冬編!服着こなし術紹介”

  1. […] 出典海外メンズファッション秋冬編!服着こなし術紹介 | ファッショニスタ総合情報サイト – ファッションダイアリー […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ