ブリーチ・ヘアカラーをセルフで!流行りのグラデーションカラーにチャレンジ

 

髪を

という時、一色で綺麗に染めるのもいいですけど、別のカラーを使ってグラデーションを作るのも綺麗で可愛くていいですよね。

 

男性の方でも、メッシュを入れたりしてアクセントにする方も多いのではないでしょうか。

 

今回はブリーチやカラーリングによる、流行りのグラデーションカラーについて、そのやり方などをご紹介していきたいと思います!

グラデーションカラーとは

カラーリングの一種です。

ブリーチ剤やカラー剤を使って、文字通り、髪を根元から毛先に掛けてグラデーションを作っていきます。根元のトーンが暗くなり、毛先に向かっていくほど明るい色がでるのが特徴ですね。

グラデ1

(引用元:http://matome.naver.jp

髪全体を同じように染めてしまうと、どうしても、髪が伸びた時に染まっていない部分が目立ってしまいますよね?

グラデーションカラーなら、そうした色の替わりが気にならないどころか、髪の色が元に戻ってしまうまで楽しむこともできちゃうナイスな手法なのです!

 

グラデーションカラー やり方の種類

グラデーションをつけるやり方として、主に3種類の方法があります。

 

『1.毛先のみをブリーチする』

『2.全体をブリーチして、ヘアカラーで色を付ける』

『3.ヘアカラーのみでグラデーションをつける』

 

一番簡単なのは『1.毛先のみをブリーチする』やり方です。

何せ全体へのブリーチは髪への負担が大きいですし、ヘアカラーのみでグラデーションをつける場合、綺麗なグラデーションに仕上がらない可能性もあります。その点、毛先へのブリーチのみでしたら失敗は少ないですし、後からカラー剤を使って色を付けられるも利点の一つですね。

 

では、今回は『1』の方法でのやり方をご紹介しましょう。

 

グラデーションカラー実践

グラデ2

(引用元:http://matome.naver.jp

 

まず、用意して頂きたいのは、目印用のゴムとアルミホイル。

髪留めなどはカラーリングと同じ道具があれば十分です。

 

  • 髪をブロッキングして、ブリーチしたいところをゴムで止めて目印にしておきます。
  • 一番明るくしたい毛先をブリーチし、アルミホイルで巻いたら5~10分ほど放置し、洗い流して乾かします。
  • 次に、毛先から目印にした部分までをブリーチし、もう一度5~10分ほど放置。希望の明るさになっていたら洗い流して、乾かせばグラデーションの完成です。

SPONSORED LINK

ヘアカラーのみでのグラデーションの場合は、ブリーチ剤のかわりにカラー剤を使用すれば手順は全く同じ!一度ブリーチしてからのやり方も同じくです。また、ブリーチのみではちょっと地毛との色が気になる場合、その後にヘアカラーで色を付けても大丈夫です。

 

また、詳しいやり方などは動画を参考にしてみてくださいね。

ヘアカラー・毛先グラデーション・メッシュやり方

他、グラデーションのサンプルとして、

こちら』よりいろんな情報を得る事ができます。以下にも参考に画像を載せさせていただいてますので、よろしければご利用くださいませ。

グラデ4 グラデ3グラデ5

今回のまとめ

綺麗な髪を見せるために、

失敗したくないヘアカラーの様々。

少しでも参考、お役に立てたらと思います。

SPONSRED LINK

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ